千葉県は10日、いすみ市の養鶏場で死んだ鶏が見つかり、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性だったと明らかにした。確定すれば県内で今季2例目となり、この養鶏場で飼育している約114万5千羽を殺処分することになる。

 県によると、10日午前に養鶏場から「死んだ鶏が同じ場所でまとまって確認された」と通報があった。この養鶏場は昨年12月に鳥インフルエンザが確認された同市の農場から、半径3キロ以内にあるという。

無断転載・複製を禁じます