菅野智之投手

 ポスティングシステムによる米大リーグ球団との交渉が合意に至らず、巨人に残留した菅野智之投手(31)が10日、オンラインで取材に応じ「いろいろな話をする中で、100パーセント納得できるものがなかった。気持ちは今季の日本一に向いている」と心境を語った。

 元日に渡米し、米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)の期限直前まで直接交渉した。「どのチームも心から獲得したいと言ってくれた。次のステップに行く上で、自分の野球人生にプラスになったと確信している」と述べた。今後の巨人との契約更改交渉では単年契約を希望し、来季以降の米挑戦を見据える考えも明らかにした。

無断転載・複製を禁じます