北朝鮮の朝鮮労働党大会に臨む金正恩党委員長(前列左から3人目)=9日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AP=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党は9日、金正恩党委員長が出席して党大会5日目の会議を開き、党規約改正に関する決定書を採択した。党規約序文に「強力な国防力で軍事的脅威を制圧、朝鮮半島の安定と平和的環境を守る」と明記。党大会を5年ごとに開催することも定めた。朝鮮中央通信が10日伝えた。

 大会は続くとしている。金氏は5~7日の活動総括報告で、核戦力増強の方針を表明。「最大の主敵である米国を制圧、屈服させる」と述べ、バイデン次期米政権との対決姿勢を鮮明にした。

無断転載・複製を禁じます