打撃練習する阪神ドラフト1位の佐藤輝=鳴尾浜球場

 阪神の新人合同自主トレーニングが9日、2軍本拠地の鳴尾浜球場で底冷えする午前9時半ごろに始まり、キャッチボールやダッシュなどに励んだ。ドラフト1位の大型スラッガー佐藤輝明内野手(近大)は「しっかり動けて(体に)いい張りがある。みんな意識が高い。早く打ちたい」と刺激を受けた様子だった。

 育成を含めた9選手がそろう中、視察に訪れた矢野監督は「今、持っている力で思い切り勝負してほしい。壁に当たった時が自分を成長させてくれる」と訓示。大きな期待を背負う佐藤輝は「大学で打てない時期もあったが、何とか進んでこられた。しっかりアピールし、最終的に新人王」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます