インドネシア・ジャカルタ、ポンティアナク、カリマンタン島

 スカルノ・ハッタ国際空港を歩くインドネシア軍兵士=9日、ジャカルタ郊外(ロイター=共同)

 【ジャカルタ共同】インドネシアの格安航空会社(LCC)スリウィジャヤ航空の国内線旅客機が9日午後、ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港を離陸した直後に消息を絶った。捜索救助当局は、ジャカルタ北方沖に墜落したとみている。同航空によると乗客乗員62人が搭乗。在インドネシア日本大使館によると、日本人搭乗の情報は入っていない。

 運輸当局によると、同機はカリマンタン(ボルネオ)島西部ポンティアナク行きのボーイング737―500。捜索救助当局者は、機体の破片とみられる物体をジャカルタ北方沖で発見したと述べた。

 同航空によると、62人のうち乗客は50人。

無断転載・複製を禁じます