キャッチボールするオリックスドラフト1位の山下=大阪市

 オリックスの新人合同自主トレーニングが9日、大阪市の球団施設で始まり、育成を含む12選手が寒さに負けずにランニングなどに励んだ。ドラフト1位の山下舜平大投手(福岡大大濠高)は「伸ばしたいところはいっぱいある。まずは今まで投げてきた真っすぐとカーブの質を高めながら新しいことに挑戦したい」と気持ちを新たにした。

 上背189センチの体から「半分くらいの力で、回転を意識しながら」取り組んだキャッチボールでは低く伸びる球筋を披露した。視察に訪れた中嶋監督は「いい。間違いない」と絶賛した。

無断転載・複製を禁じます