新人合同練習でキャッチボールする日本ハムの伊藤=千葉県鎌ケ谷市

 日本ハムの新人合同練習が9日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で始まった。ドラフト1位の伊藤大海投手(苫小牧駒大)は寒空の下、白い息を吐きながらキャッチボールやダッシュをこなし「プロとしての第一歩を踏めたかなと思う。準備を含めて入りとしては百点満点」と笑顔で振り返った。

 北海道出身で球団初のドラフト1位指名。最速155キロの速球が武器で先発と抑えの両方に適性があると評価されている。「期待されていることに自覚を持ち続けることは大事」と気を引き締めた。

 練習を視察した栗山監督は「野球で誰かに勇気を与えるんだという資質を持った子たちなので本当に良かった」と目を細めた。

無断転載・複製を禁じます