新人合同練習でアップをするヤクルトの木沢=埼玉県戸田市(代表撮影)

 ヤクルトのドラフト1位の木沢尚文投手(慶大)が9日、埼玉県戸田市の戸田球場で始まった新人合同練習でプロのスタートを切った。キャッチボールや守備練習を行い「いよいよ始まった。1軍キャンプに行かないと話にならないので、そこでアピールする準備と、けがをしないことのバランスを取ってやっていく」と引き締まった表情で話した。

 キャッチボールでは伸びのある球を披露した。高津監督はコーチ陣とともに視察し、「まだ全力では投げていなかったが、体がしっかりしていて強さを感じた。開幕から役割を果たす投球をしてほしい」と期待を込めた。

無断転載・複製を禁じます