北朝鮮の朝鮮労働党大会に出席した金正恩党委員長=8日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、金正恩朝鮮労働党委員長が党大会で5~7日に行った活動総括報告の詳細を伝えた。「対外政治活動を最大の主敵である米国を制圧、屈服させることに焦点を合わせる」と述べ、20日に発足するバイデン米新政権との対決姿勢を鮮明にした。核戦力を増強すると表明。米国を狙うICBMの高度化に加え、短・中距離ミサイル搭載を念頭に戦術核兵器の開発に言及。日本の安全保障にも脅威となる。

 昨年11月の米大統領選後、金氏が対米政策を公表するのは初めて。米政権交代について「米国という実体と対朝鮮政策の本心は絶対に変わらない」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます