【ワシントン共同】米国のバイデン次期政権は8日、2回目接種用に政府が保管している新型コロナウイルス感染症ワクチンのほぼ全量を発足直後に放出し、より多くの人に1回目の接種を広げる方針を決めた。トランプ政権からの方針転換。感染者や死者が増え続ける中、20日就任するバイデン次期大統領の政権移行チームは「接種を拡大させなければならない」とした。

 米国では2種類のワクチンが実用化。いずれも臨床試験の結果に基づき本来3~4週間の間隔で2回受けるが、確保分の放出により2回目の接種が遅れる恐れがある。

無断転載・複製を禁じます