市販の食品ラップでキーボードの表面を保護し清潔を保つ機器=名古屋市

 愛知県の中小メーカーが協力し、パソコンなどのキーボードを介した新型コロナウイルスの感染を防ぐ機器を開発した。市販の食品ラップでキーボードの表面を保護し、清潔を保つ。病院内の端末や現金自動預払機(ATM)、券売機への活用を見込む。自動車部品の製造技術を応用した。

 開発したのは、自動車部品の金型を製造するエムエス製作所(愛知県清須市)と金属加工を手掛ける山一ハガネ(名古屋市)。機器は「TOUCH WRAP(タッチ・ラップ)」と名付けた。

 機器はキーボードの両脇に置き、片方にラップの筒をセットする構造。

無断転載・複製を禁じます