オンラインでプロ野球の新人研修会を受講する楽天の早川=8日、仙台市(同団提供)

 プロ野球の新人研修会が8日、オンラインで行われ、阪神の佐藤輝明内野手(近大)や楽天の早川隆久投手(早大)ら12球団の新人選手121人と審判員1人が参加した。例年は全球団の新人が一堂に会して講義を受けるが、新型コロナウイルス感染防止のためオンラインで聴講する形式となった。

 ドーピングなどの薬物問題や暴力団対策、会員制交流サイトを利用する際の注意点などについての講義が行われた。日本代表投手コーチの建山義紀氏がプロの先輩として講演し、「野球に全てを注ぎ込むことが重要」などとアドバイスを送った。

 佐藤は「全てにおいて今後に役立つことを学べて良かった」と語った。

無断転載・複製を禁じます