イズミヤ福町店のキウイ売り場=2020年12月、大阪市

 2020年のキウイの輸入量が過去最高になったことが8日、分かった。新型コロナウイルスが流行する中、ビタミンCなどの栄養素を手軽に摂取できる健康に良い食品として注目され、20年11月までの統計で既に過去最高だった19年を上回った。輸入業者によると、近年は子育て世帯で消費が増えているという。

 大阪税関の調査によると、キウイの輸入量は15年から目立って増え始めた。20年1~11月は前年同期比6・3%増の約11万3千トンとなり、各地のスーパーに特設の売り場が設けられた。

 イズミヤの福町店(大阪市)の小田充彦さんは「用途が広いことも人気を押し上げたのでは」とみる。

無断転載・複製を禁じます