ビール大手4社の発泡酒や第三のビールを含むビール類の2020年の販売実績が8日、出そろった。新型コロナウイルスの影響で業務用の需要が減り、4社とも前年比でマイナスだった。各社公表の数量を基に推計すると、シェアはキリンビールが11年ぶりにアサヒビールを抜いて首位になったとみられる。アサヒは業務用の比率が高く、飲食店向けが落ち込んだ。

 10月の酒税法改正でビールが減税となり、缶商品を中心に伸びが期待されたが、業務用の落ち込みを補えなかった。21年は各社とも家庭向け商品を強化する。

無断転載・複製を禁じます