自主トレーニングでバットを振り込む巨人の岡本和真=東京都内(球団提供)

 昨季セ・リーグで本塁打と打点の2冠に輝いた巨人の岡本和真内野手が8日、東京都内で自主トレーニングを行い、オンライン取材で「昨年よりもいい成績が残せるように、チームにもっと貢献できるように頑張っていきたい」と今季の抱負を語った。

 午前中にウエートトレーニングに励み、午後はグラウンドでの技術練習に時間を割いた。自慢の打撃よりも守備の強化に重点を置いている。

 チームの目標を「リーグ優勝と日本一」と掲げ、個人ではゴールデングラブ賞の初受賞を狙う。「他の三塁手の人は守備がめちゃくちゃうまい。もっと練習しないといけない」と貪欲だった。

無断転載・複製を禁じます