IOC委員のディック・パウンド氏=モントリオール(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員(カナダ)が、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京五輪が開催されるか保証はないとの見解を示したと英BBC放送(電子版)が7日、伝えた。IOCで最古参委員のパウンド氏は「私は確信が持てない。誰も語りたがらないがウイルスの急増は進行中だ」と述べた。

 緊急事態宣言の再発令を受け、取材に答えた。東京五輪・パラリンピック組織委員会は必要な準備を進めるとしている。

 パウンド氏は改めて選手へのワクチン接種が優先されるべきとの考えを示した。ワクチン接種が選手の日本入国の条件となる可能性にも言及した。

無断転載・複製を禁じます