JR東日本は8日、東北新幹線の架線につららが付着し送電ができなくなったため、盛岡―仙台の上下線で始発から運転を見合わせた。午前10時10分ごろ、運転を再開した。この影響により、盛岡駅で接続する秋田新幹線も東京―秋田の全区間や一部区間の上下線が運休となった他、遅れも出た。

 JR東によると、つららが付着したのは岩手県内の水沢江刺―北上間の一部。地上の雪や氷を溶かすスプリンクラーが破損し架線に飛び散った水が凍り、つららになったとみている。

 JR北海道によると、北海道新幹線も盛岡―新函館北斗間などで一部列車が運休した。

無断転載・複製を禁じます