客もなく閑散とする東京・新橋の飲食店。オーナーの女性は「明日からは午後8時の閉店に応じる」と話した=7日午後7時22分

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令された東京都では、8日から酒類の提供の有無を問わず、全飲食店とカラオケ店などが午後8時までの営業時間短縮の要請対象となった。4都県は感染者数がいずれも右肩上がりの状態となっており、不要不急の外出自粛要請と併せて首都圏全体での感染者減少につなげたい考え。各種施設を休止する動きも出ている。

 飲食店への時短要請は当初、今月8日から11日までは既に要請を実施している各都県の地域で酒類を提供する飲食店やカラオケ店を対象とし、12日から31日までは全飲食店に拡大する予定だったが、宣言発令に伴い前倒しされた。

無断転載・複製を禁じます