東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、緊急事態宣言の再発令を受け「組織委は本宣言によりコロナの感染状況が改善され、夏の大会が安全安心に開催されるよう準備を進める立場」とし「社会の一員として、必要な準備を進める」とのコメントを出した。

 組織委幹部は同日、取材に対し、大会本番まで残り半年以上あると強調し「(不安は)全くない。(開催可否を)今、議論する必要はない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます