巨人の育成を含む新人全19選手が7日、川崎市のジャイアンツ寮に入った。ドラフト1位の平内龍太投手(亜大)は「ついに始まるなというのが一番。体はつくってきたつもりなので、動けるのを見せていけたら」と新人合同練習に向け、胸を躍らせた。

 楽天の故星野元監督の言葉である「迷ったら前に出ろ」と書かれた色紙を持参。自身が兵庫・神戸国際大付高時代に祖父からもらったもので「まずは開幕1軍に入って、新人王になれるように頑張っていきたい」と威勢良く話した。

 平内と兵庫県で実家が近い2位の山崎伊織投手(東海大)は、愛犬の写真を持ち込んだ。

無断転載・複製を禁じます