阪神タイガースの岩田稔投手

 プロ野球阪神は6日、岩田稔投手(37)と球団職員1人が、新型コロナウイルスの感染を調べる検査で陽性と判定されたと発表した。岩田稔投手は鼻づまりの症状はあるが、発熱などはなく、球団職員も発熱や味覚、嗅覚異常などの症状はないという。現在は2人とも自宅隔離している。

 岩田稔投手は大阪桐蔭高時代に1型糖尿病を発症。重症化リスクが高いとされる基礎疾患を抱えており、感染予防には細心の注意を払っていた。

 球団は施設を使用する関係者全員に、事前の核酸増幅法による検査を義務付け、2人は5日に陽性と判定された。6日に兵庫県西宮市内の病院で再度検査を実施し、陽性が確定した。

無断転載・複製を禁じます