入寮したDeNAドラフト1位の入江大生投手=6日、神奈川県横須賀市(代表撮影)

 DeNAのドラフト1位ルーキー入江大生投手(明大)が6日、神奈川県横須賀市の選手寮に入り「年も明けてまた新たな気持ちで、野球をより真摯に頑張ろうという思い」と意気込みを語った。

 寮では2018年に新人王に輝いた東が使用していた部屋を割り当てられた。東と同様に1年目から先発ローテーション入りが期待されるが「自分のペースでやっていきたい」と冷静に語った。

 年明けは3日から体を動かして準備してきたという。8日からは新人合同練習が始まり、2月に初めてのキャンプを迎える。

 育成を含む全8選手が入寮した。

無断転載・複製を禁じます