厚労省で開かれた新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合=6日午前

 厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は6日、国内の感染状況について「東京を中心とした首都圏で年末にかけてさらに増加したため、全国でも増加傾向が続き、過去最多の水準になった」との分析結果をまとめた。東京では人の動きが減らず、大都市圏の感染拡大が地方にも影響しているとし、「大都市での感染を抑制しなければ、地方での感染を抑えることも困難だ」と強調した。

 座長の脇田隆字国立感染症研究所長は「なかなか感染者数の増加が止まらないので、広く飲食店やさまざまな施設の時短営業など社会全体でリスクを減らす対策が必要な局面にある」と述べた。

無断転載・複製を禁じます