JR各社は6日、年末年始期間の新幹線と在来線の利用者は前年同期比68%減の487万9千人だったと発表した。記録が残る1991年度以降、利用者数は最少で、落ち込み幅は最大になった。

無断転載・複製を禁じます