石川県は1日、県内で新たに新型コロナウイルスの感染者13人を確認したと発表した。県内の感染者は累計1084人となった。

 新たに感染が確認されたのは、金沢、小松、白山、加賀、能美、野々市各市と、県外に住む10~70代の男性9人、女性4人。症状は1人が中等症、7人が軽症、5人が無症状。

 県によると、新規感染者のうち、2人が昨年12月23日にクラスター(感染者集団)と認定されたカラオケ関係で、関連する感染者は17人となった。能美市の40代女性と小松市の50代男性の教員2人は、既に感染が確認されている能美市粟生小の教員と接触があった。

 1日現在、県内で治療中の患者は113人で、このうち重症者は7人。

無断転載・複製を禁じます