6日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。新型コロナウイルス感染拡大を警戒した売り注文が優勢となり、下げ幅は一時100円を超えた。一方、前日の米株高を好感した買いが入り上昇する場面もあった。

 午前終値は前日終値比39円07銭安の2万7119円56銭。東証株価指数(TOPIX)は6・14ポイント高の1797・36。

 5日に国内で新たに確認された新型コロナの感染者は過去最多を更新した。政府は1都3県への緊急事態宣言を再発令する方針で、経済活動停滞が懸念された。

無断転載・複製を禁じます