母校の聖心ウルスラ学園高でキャッチボールする巨人の戸郷=宮崎県延岡市(球団提供)

 2年目の昨季に9勝を挙げて頭角を現した巨人の戸郷翔征投手が5日、今年の目標を漢字1文字で「飛」と表現した。オンラインで取材に応じ「もう一段階、自分も飛べればなと。昨季できなかった2桁勝利、プラス15勝を目標にやっていきたい」と意気込んだ。

 宮崎県延岡市にある母校の聖心ウルスラ学園高で練習し、捕手を立たせて15球を投げた。今オフは体力の向上を目的に食事の回数を増やして体重増加に励んでいる。昨年に比べて既に4キロの増量に成功し「昨季は中継ぎの方にたくさん助けてもらった。何とか完投できればなと思っている」と責任感をにじませた。

無断転載・複製を禁じます