豊洲市場の初競りで最高値を付けたマグロを取った漁師の田中稔さん=5日午前、青森県大間町

 豊洲市場の初競りで5日、2084万円の値を付けた208・4キロのクロマグロは青森県大間町の漁師田中稔さん(65)がはえ縄で取った。地元漁協で取材に応じた田中さんは「やっぱり一番マグロは特別。1年の始まりで幸先がいい」と語った。ただ、億単位の値が付かなかったためか、漁協内に高揚した雰囲気はなかった。

 漁師歴約50年の田中さんは第68幸福丸の船長で、4日午前8時ごろに大間漁港約30キロ沖で取った。

 豊洲市場の初競りでは昨年、一昨年は億単位の値が付いていた。田中さんは「船の借金返済と酒を飲んでしまえば終わり」と冗談交じりに話した。

無断転載・複製を禁じます