【ワシントン共同】ロイター通信によると、米国務省の報道担当者は4日、イランがウラン濃縮度を20%に引き上げたことについて「核による恐喝」と批判した。

無断転載・複製を禁じます