4日、裁判所が判断を出した後、報道陣に答えるジュリアン・アサンジ被告の交際女性(中央)=ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英ロンドンの裁判所は4日、米国で機密暴露などの罪に問われた内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ被告(49)を、米側に引き渡すことは認めないとの判断を言い渡した。移送後に被告が自殺を図る恐れがあることを理由に挙げた。英メディアが伝えた。米政府側は控訴を検討しており、法廷での争いが長期化する可能性がある。

 米司法省は、米政府のコンピューターに侵入し機密情報を漏らしたなどとして計20近くの罪で被告を起訴した。被告側はトランプ米政権による政治的陰謀や表現の自由を主張したが、裁判所はこれらを退けた。

無断転載・複製を禁じます