経営統合する欧米自動車大手2社のブランド、フィアット(左)とプジョー=2019年11月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手のグループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は4日、臨時株主総会をそれぞれ開催し、両社の経営統合計画を承認した。世界販売台数で4位の自動車グループが誕生する。

 3月末までに手続きを全て完了させる見通し。電気自動車(EV)や自動運転といった次世代技術の開発に力を入れ、激化する他メーカーとの競争での生き残りを図る。

 FCAとPSAは2019年12月に統合することで正式に合意した。新社名は「ステランティス」とする。

無断転載・複製を禁じます