日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は4日、新型コロナウイルス感染拡大で首都圏1都3県に緊急事態宣言発令が検討されていることに関し、大相撲初場所(10日初日・両国国技館)の開催準備を予定通り進めることを明らかにした。執行部で話し合い、中止や無観客での実施は検討していないとし、前売り券販売も継続する。

 今後も状況を注視し、政府の方針によって必要に応じて臨時理事会を開き対応を協議する。初場所延期の可能性は否定した。協会は昨年、緊急事態宣言延長に伴い、5月の夏場所を中止した。

無断転載・複製を禁じます