【北京共同】1989年に中国で起きた天安門事件で弾圧され、米国に亡命した民主化運動の元学生リーダー王丹氏が3日、自身のツイッターなどで新型コロナウイルスに感染したと明かした。現在の体調は良好という。

 中国政府が反発する「武漢肺炎」との表現を用い「私は中国共産党の監獄に2度入った。共産党ウイルスでも私を倒せない」と投稿。昨年12月に検査を受けて感染が判明した。「普通の風邪より軽い」症状で、感染経路も分からなかったと注意を呼び掛けた。

無断転載・複製を禁じます