ひとり親相談へのAI活用イメージ

 厚労省が、経済的に困窮しやすいひとり親世帯に、自治体の窓口でAIなどの最新技術を活用した相談支援態勢の強化に乗り出すことが3日、分かった。SOSを待たず、仕事や子育てなど、複数の困り事にワンストップで対応する。非正規で働くひとり親も多く、コロナ禍で経済的打撃も大きい。子どもの貧困が深刻化する恐れがあり、支援を手厚くする。

 自治体に補助金を出し、システム導入を促す。SNSや、AIを活用した自動対話システムなど最新技術を導入した事業が対象。想定では、利用者の登録情報や相談内容から、就労や住宅確保の支援など各世帯が必要としている行政サービスをまとめて提案する。

無断転載・複製を禁じます