大丸心斎橋店で福袋を見る来店客=2日午前、大阪市

 大阪市内の主要百貨店で2日、新年の初売りが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、混雑を避けるために店頭での福袋の販売を大幅に減らしたり、取りやめたりする動きもあった。

 大丸心斎橋店(中央区)と近鉄百貨店本店(阿倍野区)は今年も福袋を販売したが、コロナ禍で消費者の外出自粛傾向は強く、例年よりも人出は少なかった。

 阪急百貨店梅田本店(北区)と阪神百貨店梅田本店(北区)は、福袋のインターネット販売を拡充。高島屋大阪店(中央区)は福袋の店頭販売を見送り、落ち着いた様子だった。

無断転載・複製を禁じます