千葉県は2日、昨年12月に鳥インフルエンザが発生した同県いすみ市の養鶏場で飼育されていた約114万羽の殺処分を終了したと発表した。1養鶏場当たりの処分数としては、過去最大規模だった。

無断転載・複製を禁じます