雪が降り続く富山市内を歩く人たち=2日午後

 気象庁は2日、寒気の流れ込みや冬型の気圧配置の影響で、北日本や東日本の日本海側を中心に3日にかけて大雪の恐れが続くとして、交通障害や建物の被害、雪崩、着雪に警戒するよう呼び掛けた。1~2日は北海道や東北、北陸を発着する空の便で欠航が相次ぐなど交通機関に影響が出た。

 気象庁によると、上空約5千メートルには氷点下30度以下の寒気が入っている。平地でも大雪になる場所があるとみられる。3日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で北陸60センチ、東北40センチ。

無断転載・複製を禁じます