鳥インフルエンザが確認され、防疫作業が行われる岐阜県美濃加茂市の養鶏場=2日午後3時17分(共同通信社ヘリから)

 岐阜県は2日、同県美濃加茂市の養鶏場で死んだ鶏が見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザ陽性を確認したと発表した。同日から、この養鶏場で飼育している採卵用の約6万8千羽の殺処分を始めた。作業は4日までかかる見通し。

 今季の養鶏場での発生確認は千葉などに続き14県目で、東海地方では初めて。岐阜県では4年ぶりの発生。

 県によると、この養鶏場から1日夜に5羽が死んでいるとの連絡があった。簡易検査で陽性反応が出て、2日の遺伝子検査で確定した。高病原性の疑いのあるH5型のウイルスを確認したという。

無断転載・複製を禁じます