12年ぶり3度目の優勝を決め、指を突き上げる富士通のアンカー・浦野雄平=群馬県庁前

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに36チームが参加して行われ、富士通が4時間48分52秒で12年ぶり3度目の優勝を果たした。トヨタ自動車が1分3秒差で2年連続の2位、5連覇を狙った旭化成は3位だった。

 前回予選落ちの富士通は1区の松枝博輝が区間賞を獲得。2区で先頭を譲ったが、3位で迎えた4区で東京五輪マラソン代表の中村匠吾が首位を奪い、6区の鈴木健吾、7区の浦野雄平がともに区間1位の走りでリードを広げて快勝した。

 トヨタ自動車は五輪マラソン代表の服部勇馬が5区で区間賞を獲得した。日立物流が過去最高の4位。

無断転載・複製を禁じます