ブルズ戦に先発で今季初出場し、シュートを放つウィザーズの八村(右)=ワシントン(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 ニックス戦で守備をする渡辺雄太(18)=タンパ(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁が12月31日、本拠地ワシントンで行われたブルズ戦に先発で今季初出場し、25分13秒のプレーで17得点、5リバウンド、3アシストだった。チームは130―133で敗れ5連敗。

 八村は第1クオーターに10得点と好発進し、その後もゴール下での冷静な動きが光った。12月13日のオープン戦初戦に出場したが、流行性角結膜炎のため23日のチーム開幕戦から4試合を欠場した。

無断転載・複製を禁じます