北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長(聯合=共同)

 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は8日付の談話で、韓国の康京和外相が北朝鮮の新型コロナウイルス対策を巡り「妄言」を吐いたと非難、「永遠に記憶する」とした。朝鮮中央通信が9日伝えた。

 康氏は最近出席した国際会議で、国内にコロナ感染者は一人もいないとする北朝鮮の主張について「信じ難い」と疑問を示し、「コロナが北朝鮮をより北朝鮮らしくした」などと述べていた。

 金与正氏は談話で、康氏が北朝鮮の新型コロナ対策の非常防疫措置について「差し出がましく評価した。凍り付いた北南関係により冷たい冷気を吹き付けようとしている」と批判した。

無断転載・複製を禁じます