福岡市は8日、福岡県のJAくるめが出荷した春菊の一部から、基準値の180倍の農薬が検出されたと発表した。食べるとけいれんを起こす恐れもあり、販売店などが回収を進めている。福岡市は少なくとも市内4店舗で販売を確認。これまでに健康被害の報告はないとしている。

 市によると、有機リン系の殺虫剤イソキサチオンで、基準0・05PPmに対し、9PPmが検出された。体重60キロの人がこの春菊を20グラム食べると、嘔吐や失禁などの症状が出る恐れがあり、ひどい場合はけいれんを起こすという。

 回収対象は「筑紫次郎の贈りもの」と記載されたJAくるめ出荷の春菊。7~8日に販売。

無断転載・複製を禁じます