東京都庁

 森ビル(東京)のシンクタンク、森記念財団は8日、2020年の世界主要48都市の総合力ランキングを発表した。東京は5年連続の3位だった。首位は9年連続でロンドン。2位はニューヨークと上位6都市の順位に前年から変動はなかった。働きやすさなどの指標が評価された上海が前年の30位から10位へ大幅に上昇した。

 国内都市では、働き方の柔軟性が低いとされた大阪が前年の29位から33位となり、福岡も42位から43位へ下げた。ランキングは「経済」や「居住」など6分野の70指標を総合評価。指標のデータは19年以前が多く、新型コロナの影響が反映されるのは来年になりそうだ。

無断転載・複製を禁じます