オンラインで記者会見する経団連の中西宏明会長=7日午後

 経団連の中西宏明会長は7日、定例記者会見をオンラインで開き、2050年までの温室効果ガス排出量の実質ゼロ目標について「経済界は抵抗勢力と心配されるが逆だ」と述べ、環境分野の技術革新に積極的に取り組む意向を示した。

 経団連は同日、目標達成への取り組み方針を公表した。エネルギー政策では、原発の安全性を確認して再稼働を進めることや、新増設を国策と位置付け推進するよう政府に求めた。水素活用など重要な技術については国を挙げた大規模な支援が必要だとした。中西氏は会見で「経済界も政府も力を合わせて一つの方向をつくることが大事だ」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます