有馬朗人氏

 原子核物理学者で文相兼科学技術庁長官を務めた元東京大学長の有馬朗人(ありま・あきと)さんが死去したことが7日、分かった。関係者によると、東京都内の自宅で亡くなっているのが同日午前、見つかった。90歳。大阪府出身。

 1953年、東大理学部卒。東大助手、助教授を経て75年に教授。89~93年に学長を務めた。93~98年に理化学研究所理事長。2010年から静岡文化芸術大理事長。

 中央教育審議会会長だった96年、学校週5日制など「ゆとり教育」の導入を求める答申をまとめた。98年の参院選で自民党比例代表名簿1位で当選、直後に発足した小渕恵三内閣で文相に就任した。

無断転載・複製を禁じます