大井川鉄道の新駅「門出」の開業記念式典で、ヘッドマークを取り付けられる列車=12日午前、静岡県島田市

 大井川鉄道(静岡県島田市)は12日、大井川本線の五和―神尾間に同鉄道としては35年ぶりの新駅となる「門出」を同市に開業し、記念式典を開催した。隣駅の五和もこの日から「合格」へ名称を変更し、縁起の良い路線としてアピールすることで列車の利用者増を目指す。

 記念式典では、染谷絹代島田市長が「地域の魅力を発信する玄関口として(新駅から)観光消費の拡大を図っていきたい」とあいさつ。ホームに到着したばかりの普通電車に同鉄道の鈴木肇社長が開業記念のヘッドマークを取り付けると、集まった住民や鉄道ファンらから拍手が起こった。

無断転載・複製を禁じます