NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用するツイッターが民族差別を助長したと批判されている問題で、在日本大韓民国民団(民団)中央本部人権擁護委員会などが30日、広島市の同局を訪れ、投稿の削除と在日コリアンへの謝罪を求める申し入れ書を担当者に手渡した。

 ツイッターは「もし75年前にSNS(会員制交流サイト)があったら」という設定。1945年8月20日に起こった出来事として投稿した「朝鮮人だ!」「乗客を窓から放り投げた」などの内容について市民や被爆者から抗議を受けている。

 同局は今月2日、問題の投稿を含むツイートを削除し、NHKのホームページに転載した。

無断転載・複製を禁じます