槙原敬之被告の初公判で、検察側は、被告が遅くとも1999年以降、覚醒剤を使用するようになり、同年に有罪判決を受けた後も覚醒剤や危険ドラッグ「ラッシュ」を使っていたと指摘した。

無断転載・複製を禁じます