内閣府が7日発表した8月の景気動向指数は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比1・1ポイント上昇の79・4だった。基調判断は「下げ止まり」とし、1年3カ月ぶりに上方修正した。

無断転載・複製を禁じます