18日、ルイス下院議員の死去で半旗が掲げられた米ホワイトハウス(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領(共和党)は18日、米公民権運動の闘士で17日に80歳で死去した黒人のルイス下院議員(民主党)の功績に敬意を表し、国内外の全ての米公共施設で半旗を掲げるよう指示した。トランプ氏批判の急先鋒のルイス氏とは生前激しく対立したが、ツイッターには「公民権運動の英雄の死去を知り、悲しんでいる」と投稿した。

 米国では保革を超え、がんを患っていたルイス氏の死去を惜しむ声が広がった。11月の大統領選でトランプ氏と戦うバイデン前副大統領は追悼声明で、数日前にルイス氏と話した際に「米国の修復」に取り組むよう頼まれたとした。

無断転載・複製を禁じます